スタッフ紹介スタッフ紹介

教授/部長
渡邉 栄三(わたなべ えいぞう)

専門分野

救急・集中治療

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医・指導医
  • 日本集中治療医学会専門医
  • 日本DMAT隊員(指名統括DMAT)
  • 日本急性血液浄化学会 認定指導者
  • 日本腹部救急医学会 腹部救急教育医・認定医
  • 日本外科代謝栄養学会 教育指導医
  • 社会医学系専門医協会 社会医学系指導医・専門医
  • 日本血栓止血学会 認定医

加納 秀紀

救急診療部教授/副部長
加納 秀記(かのう ひでき)

専門分野

救急・集中治療/病院前救急/災害医療

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医
  • 社会医学系専門医・指導医

津田 雅庸

災害医療研究センター教授
津田 雅庸(つだ まさのぶ)

専門分野

救急・集中治療/外傷外科/災害医療

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医・指導医
  • 日本集中治療医学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本外傷学会専門医
  • 社会医学系専門医・指導医
  • 日本航空医療学会認定指導者

メッセージ

    • 救命救急科と災害医療研究センターを兼務している津田 雅庸と申します。外傷を中心に集中治療、災害医療の分野で活動しております。当科ではいろいろな救急・救命の分野での活動が可能です。

    是非、我々の施設で一緒に働きましょう。

准教授(特任)/副部長
苛原 隆之(いらはら たかゆき)

専門分野

救急・集中治療/外傷外科/栄養代謝学

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本集中治療医学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本外傷学会専門医
  • 日本Acute Care Surgery学会認定外科医・評議員
  • 日本臨床栄養代謝学会認定医・学術評議員

メッセージ

    • 「いらはらたかゆき」と申します。医局長をしております。

    • 当科は集中治療を中心に、外傷外科、ドクターヘリ、ERから災害医療、基礎研究までやりたいことが何でも出来、学べる環境です。私自身はAcute Care Surgeonとしての外傷診療、国際緊急援助隊等の災害医療、栄養代謝の基礎研究に注力しております。これらの分野に興味のある方、是非ご連絡ください!

    メール:iraira19@outlook.com

梶田 裕加

講師
梶田 裕加(かじた ゆか)

専門分野

救急・集中治療/麻酔科学

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医
  • 日本麻酔科学会指導医
  • 麻酔科標榜医
  • 抗菌化学療法認定医
  • 日本産業医

メッセージ

    • ドクターヘリでの病院前管理⇒3次初期治療開始⇒集中治療管理⇒一般病床管理⇒退院・転院・外来フォローまでを一貫して患者治療管理を行う施設です。

    愛知県では一貫して重症患者管理を行える施設は珍しく、ドクターヘリを有していることで、外傷管理にも強く力を入れております。見学だけでも大歓迎です。

医師
櫻井 圭祐(さくらい けいすけ)

専門分野

救急・集中治療/熱傷・形成外科学

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本形成外科学会専門医

森 久剛

医師
森 久剛(もり ひさたけ)

専門分野

救急・集中治療/麻酔科学/代謝・栄養学

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本麻酔科学会専門医
  • 麻酔科標榜医
  •  
  •  

寺島 嗣明

講師
寺島 嗣明(てらしま つぐあき)

専門分野

救急・集中治療/航空医療/脳神経救急

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本航空医療学会認定指導者
  • 社会医学系専門医

医師
田邊 すばる(たなべ すばる)

専門分野

救急・集中治療/循環器内科

認定医・専門医

    • 日本内科学会認定医
    • 日本循環器学会専門医
    • 日本心血管インターベンション治療学会認定医

メッセージ

      • 循環器内科より心臓血管系集中治療医として救命救急科に赴任させていただいました。

      • 当院では外傷外科医が専従しており外傷手術関しては救命科で手術まで行っております。

    • 自分はもともと内科医ですが外傷診療まで参加させていただいています。さまざまなサブスペシャリティ―を持った救命医が在住しておりやれることの幅は多いと思います。ともに戦っていただける方をお待ちしています。

田邊すばる

医師
竹村 元太(たけむら げんた)

専門分野

救急・集中治療/外傷外科

認定医・専門医

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本外科学会専門医

医師
岸野 孝昭(きしの たかあき)

専門分野

救急・集中治療/内科一般

認定医・専門医

大石 大

医師
大石 大(おおいし だい)

専門分野

救急・集中治療/外傷外科

認定医・専門医

    • 日本救急医学会専門医
    • 日本外科学会専門医


        •  
        •  
        •  

メッセージ

医師
加藤 浩介(かとう こうすけ)

専門分野

救急・集中治療/整形外科

認定医・専門医

メッセージ

    三重県出身、趣味は音楽鑑賞と映画鑑賞です。救急専攻医3年目で、外傷整形外科に興味があり、現在はサブスペシャリティーとして整形外科を学ぶために出向中です。宜しくお願いします。

久下 祐史

医師
久下 祐史(くげ ゆうじ)

専門分野

救急・集中治療/熱傷

認定医・専門医



メッセージ

    • 東京都出身ですが、愛知県にきて10年目になりました。 昨年まで熱傷のメッカ:JCHO中京病院で熱傷の修行をしてこの春より大学に戻ってまいりました。 これといった取り柄はありませんが、毎日目の前の患者さんと向き合って治療していくことを心がけております。 ぜひ、一緒に働きましょう。
 

医師
石津 啓介(いしづ けいすけ)

専門分野

救急・集中治療/IVR

認定医・専門医



メッセージ

    • 静岡県出身、知多半島の潮風に吹かれながら初期研修を終え、2022年より当科の専修医として赴任して参りました。未だ集中治療の修練に精一杯ですが、今後はIVRの領域で専門性を深めたいと考えております。 一緒に研修してくれる仲間、大募集。

久下 祐史

医師
永谷 健太郎
(ながたに けんたろう)

専門分野

整形外科/航空医官

認定医・専門医

      • 整形外科専門医

メッセージ

    • 航空機動衛生隊に所属する自衛隊医官です。航空機動衛生隊は高度治療を要する患者の長距離航空搬送を担う部隊で、“空飛ぶICU”とも言われる機動衛生ユニットを運用しています。安全確実な任務を達成すべく、救急・集中治療研修をさせていただきます。令和4年5月から半年間という短い期間ですが、よろしくお願いいたします。

医師

専門分野

 

認定医・専門医

      •  

メッセージ

    • 私たちと一緒に楽しく働いていただけるお仲間を心よりお待ちしております。まずはお気楽にご見学に来てください。医局員一同、誠心誠意をもって大歓迎いたしますよ。

医師
子育てと医師キャリアアップの両立をめざす

専門分野

これから子育ての医師、現在子育て中の医師

認定医・専門医

  • 子育て支援
  • 院内保育所あり
  • 理解ある上司
  • 多彩は勤務形態を応相談
  • 子育て中の医局員多数

    メッセージ

    子育て応援しています。一緒に働きましょう。

 

学術業績

現役医局員分

著書(単著・分担)

・苛原隆之 REBOAハンドブック 分担執筆:REBOAとRTACC. p18-27. 2021年 ・苛原隆之 敗血症controversy 分担執筆:敗血症の栄養療法はどのようにすべきか? p128-135. 2021年 ・苛原隆之 栄養療法ドリル 分担執筆:肝機能障害の栄養療法. p207-218. 2021年

英文論文(筆頭・共著)

1. Successful treatment of septic shock due to New Delhi metallo-beta-lactamase-1-producing Klebsiella pneumoniae in a patient transferred from India to Japan
Kano H, Hirakawa A, Miyabe H, Hattori T, Mikamo H, Yoshida S, and Takeyama N
Acute Medicine & Surgery 1: 181–185, 2014

2. Sandwich ELISA for circulating myeloperoxidase- and neutrophil elastase-DNA complexes released from neutrophil extracellular traps.
H Kano, M Aminul Huq, M Tsuda, H Noguchi, and N Takeyama
Advanced Techniques in Biology & Medicine 5: 1, 2016

3. Increased PD-1 Expression and Altered T Cell Repertoire Diversity Predict Mortality in Patients with Septic Shock: A Preliminary Study
A Tomino, M Tsuda, R Aoki, Y Kajita, M Hashiba, T Terajima, H Kano, N Takeyama
PLOS ONE DOI: 10.1371/journal.pone. 0169653 January 10, 2017

4. Plasma myeloperoxidase-conjugated DNA level predicts outcomes and organ dysfunction in patients with septic shock
Y Maruchi, M Tsuda, H Mori, N Takenaka, T Gocho, M A. Huq and N Takeyama
Crit Care: https://doi.org/10.1186/s13054-018-2109-7, 2018

5. Removal of circulating neutrophil extracellular trap components with an immobilized polymyxin B filter: a prelimnary study
T Gocho, H Mori, MM Islam, Y Maruchi, N Takenaka, A Tomino, M Tsuda, H Kano, N Takeyama
Shock. 54: 44-49, 2020

6. Inorganic arsenic administration suppresses human neutrophil function in vitro.
Islam MM, Takeyama N.
Human and Experimental Toxicology, Vol. 40(5) 725–734, 2021

7. A longitudinal change of syndecan-1 predicts risk of acute respiratory distress syndrome and cumulative fluid balance in patients with septic shock: a preliminary study
Kajita Y, Terashima T, Mori H, Islam M, Irahara T, Tsuda M, Kano H, Takeyama N
Journal of Intensive Care Mar 16;9(1):27. 2021

8. Usefulness of serum procalcitonin for necrotizing fasciitis as an early diagnostic tool.
Takaaki Kishino, Nobuhiro Asai, Wataru Ohashi, Daisuke Sakanashi, Hideo Kato, Arufumi Shiota, Mao Hagihara, Yusuke Koizumi, Yuka Yamagishi, Hiroyuki Suematsu, Hideki Kano, Naoshi Takeyama, Hiroshige Mikamo.
J Infect Chemother; 27:787-793. 2021

9. Neutrophil extracellular traps are associated with altered human pulmonary artery endothelial barrier function.
Hisatake Mori, Muhammad Aminul Huq, Md. Monirul Islam and Naoshi Takeyama.
European Journal of Inflammation; 19: 1-10. 2021

10. Resuscitative Thoracotomy and Aortic Cross-Clamp and Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta.
Futoshi Nagashima, Takayuki Irahara, Kenichiro Ishida, Takaaki Maruhashi, Yosuke Matsumura.
J Endovasc Resusc Trauma Manag. Vol. 6, No. 1; pp 19–26; 2022

11. Combined, converted, and prophylactic use of resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta for severe torso trauma: A retrospective study.
Takayuki Irahara, Dai Oishi, Masanobu Tsuda, Yuka Kajita, Hisatake Mori, Tsuguaki Terashima, Subaru Tanabe, Miyuki Hattori, Yuuji Kuge, Naoshi Takeyama.
Acute Medicine & Surgery. 9(1): e792. 2022

和文論文(筆頭・共著)

1. 致死量を超えて内服した市販薬トラベルミン(ジフェンヒドラミン、ジプロフィリン配合剤)の急性中毒例 竹中信義, 平川昭彦, 加納秀記, 津田雅庸, 武山直志, 服部友紀日本臨床救急医学会雑誌20巻5号 p672-677. 2017年 2. Neutrophil Extracellular Traps(NETs)が血管透過性亢進に及ぼす影響 in vitroの検討 森 久剛, Huq Muhammad Aminul, Monirul Md. Islam, 丸地佑樹, 後長孝佳, 竹中信義, 津田雅庸, 武山直志日本Shock学会雑誌32: 59-62 2018年 3. 排気ダクト内の陰圧環境に起因した低酸素血症を認めた1例. 津田雅庸, 富野敦稔, 大石大, 阿曽広昂, 丸地佑樹, 後長孝佳, 森久剛, 寺島 嗣明, 加納秀紀, 武山直志日本外傷学会雑誌 33 :5-9. 2019年 4. REBOAが有用であった会陰部・直腸損傷を合併した骨盤開放骨折の2例. 富野 敦稔, 津田 雅庸, 寺島 嗣明, 竹中 信義, 後長 孝佳, 丸地 佑樹, 大石 大, 武山 直志.日本外傷学会雑誌 33 :338-342. 2019年 5. マラソン・ロードレースにおける救護・医療体制整備指針案について 一柳保, 田邉晴山, 喜熨斗智也, 北小屋裕, 大迫幹生, 加百正人, 大木哲郎, 岡本征仁, 津田雅庸, 野口宏日本臨床救急医学会雑誌22巻4号 p613-620. 2019年 6. 慢性硬膜下血腫被膜におけるToll-like receptorシグナル伝達系の発現について 大須賀浩二, 川口礼雄, 寺島嗣明, 宮地茂, 高安正和神経外傷42巻1号 p68-70. 2019年 7. 高齢透析患者に生じたPress Through Package(PTP)誤飲による空腸穿孔の1例 苛原隆之、小川太志、加藤浩介、岸野孝昭、大石大、寺島嗣明、森久剛、梶田裕加、青木瑠里、津田雅庸、加納秀紀、直江康孝、武山直志日救急医会中部誌16巻. p83-85. 2020年 8. トリカブト中毒に対し血液吸着(direct hemoperfusion: DHP)が有効であった1例. 苛原隆之,森久剛,大石大,小川匡之, 加藤隆寛,津田雅庸, 武山直志.日救急医会誌 32: 471-6. 2021年 9. 急性薬物中毒によるメトヘモグロビン血症に血液透析を使用した1例 大石大, 津田雅庸, 梶田裕加, 森久剛, 寺島嗣明, 竹中信義, 加藤隆寛, 武山 直志日救急医会中部誌17巻 p16-20. 2021年 10. ECMO導入により救命できた重症新型コロナウイルス肺炎の1例 岡田茉莉花, 片野拓馬, 米澤利幸, 田中博之, 梶川茂久, 加藤俊夫, 久保昭仁, 川谷陽子, 清水由希, 大石大, 津田雅庸, 武山直志, 伊藤理呼吸臨床5巻9号 Page1/10-10/10. 2021年 11. 循環補助用ポンプカテーテルIMPELLA CPにて救命し得た劇症型心筋炎の1例 田邊すばる, 安藤博彦, 中野雄介, 泉和宏, 鈴木麻友, 後藤礼司, 鈴木昭博, 向井健太郎, 櫻井慎一郎, 鈴木靖司, 高島浩明, 天野哲也心臓 54巻3号 p387-395. 2022年

学会発表(国際学会)



1. Influence of Neutrophil Extracellular Traps on Vascular Permability. Mori H, Huq MA, Kajita Y, Islam MM, Takenaka N, Gocho T, Maruchi Y, Tsuda M, Takeyama N. 41st Annual conference on Shock (AZ), 2018. 6 2. Inorganic Arsenic Suppresses Human Neutrophil Extracelluar Traps (NETs) in vitro. MM Islam, N Takeyama 33rd European Society of Intensive Care Medicine (Madrid), 2020. 12. 3. PMX hemoperfusion restores COVID-19-induced lymphopenia by removal of NETs-related nuclear proteins. Takeyama N, Mori H, Terajima T, Hattori M, Tanabe S, Tsuda M, Ito S, Irahara T 40th International symposium on Intensive Care and Emergency medicine (Brussels), 2021. 9. 4. Scavenging nucleus-derived molecules by polymyxin B membrane inhibits the stimulation of toll-like receptors. N Takeyama; D Ohishi; T Irahara; M Tsuda; S Tanabe; M Hattori; Y Kuge; H Kano 41st International symposium on Intensive Care and Emergency medicine (Brussels), 2022. 3.